NEWS

  • 地域

入居ビル1階に展示スペースを設置  中小企業基盤整備機構九州支部    地域資源のPRに


 独立行政法人中小企業基盤整備機構九州支部(福岡市博多区祇園町、筒井司九州支部長)は、12月から、入居する博多祇園BLDG1階に、同機構の活動に関わる展示スペースを設置した。
 昨年1月の事務所移転時から確保していた1階のフロア207平方mの一部(61平方m)を、展示スペースに改装した。同機構の活動を紹介する冊子やパネルをはじめ、同機構が実施する「地域資源認定企業」の商品・工芸品や、農商工連携に関わる地場産品などを展示していく。現在は、地域資源認定企業の伊万里焼や地元の清酒・焼酎などを紹介している。今後、商品の拡充に合わせ、展示スペースの拡大も計画している。
 同機構は「当初は機構のパンフレットなどを置いているだけのスペースだったが、工芸品を展示するようになって足を運ぶ人が増えてきた。まだまだ小さな展示場だが、機構に立ち寄った人は是非足を運んでほしい」と話している。