NEWS

    保健・医療に関する連携協定  福岡大学と長崎県壱岐市、壱岐医師会


    福岡大学(朔啓二郎学長)と長崎県壱岐市(白川博一市長)、壱岐医師会(会長・江田邦夫江田小児科内科医院長)は11月6日、保健・医療に関する連携協定を結んだ。
    保健・医療分野において相互に協力し、壱岐市における疾病の予防および健康寿命の延伸に努め、地域社会の発展とそれを支える人材育成を目的としたもの。3者はこれまでも連携して慢性腎臓病の予防に取り組んできた。その背景には同市の人口に対する血液透析患者の比率が長崎県で最も高く、全国平均と比較してみても約1・4倍あった。そこで2016年から福岡大学腎臓・膠原病内科から壱岐病院への腎臓専門常勤医師の派遣、特定健診データからハイリスク者の同定と指導、特定健診データから同市における慢性腎臓病のリスク因子の検討、慢性腎臓病予防に対する対策の提言などを進めてきた。
    今回の協定締結に伴い3者では「慢性腎臓病のさらなる予防促進をはじめ、壱岐市における保健・医療に関する全般的な改善、および福岡大学における研究活動の充実と向上、さらには地域社会との連携・交流活動の促進が期待できる」としている。

    2019123日発行