NEWS

  • 地域

佐賀県観光協会の電話通訳業務を受託  ビーボーン    県内の観光関連事業者向けサービス


 外国語の電話通訳、翻訳業の株式会社ビーボーン(福岡市中央区大手門1丁目、鬼木敏之社長)は来年1月、佐賀県観光協会がサービスを開始する外国人観光客向けの通訳コールセンターの運営を受託する。
 同協会が9月からテスト運用しているサービスで、佐賀県内への外国人観光客の増加を見込み、県内の宿泊施設や飲食店、小売店など観光関連業者が無料で電話通訳サービスを利用することができるもの。事業者は事前に登録が必要。対応言語は英語、中国語、韓国語、タイ語で、24時間365日稼働で、外国人が事業者の店舗を訪れている場合と、外国など遠隔地に外国人がいる場合の電話の受け答えなどに対応する。
 同社は2001年9月設立。12年9月に電話通訳事業を24時間体制に移行したことで、ホテルやレンタカー会社、交通機関など観光サービス関連に加え、損害保険会社の交通事故やロードサービス、不動産管理会社の住宅トラブルなどの電話通訳の受注を拡大している。