NEWS

  • 地域

佐賀県小城市の佐賀営業所を建て替え  九州TCM    6月着工


 産業車輌、建設機械の卸売・修理・リース・レンタル業の九州TCM株式会社(福岡市東区箱崎ふ頭4丁目、榎並正憲社長)は、佐賀県小城市三日月町の佐賀営業所を建て替える。6月に着工し総工費は1800万円。
 老朽化に伴い環境を意識した営業所に新築するもの。敷地内に産業車輌整備工場を併設しており、工場と事務所間に溝を掘るなど、雨水でオイルを工場外へ流出させない構造にする。場所は203号唐津街道、大寺橋交差点。営業所敷地面積660平方m、平屋建てで事務所フロア面積は従来と同じ広さの約230平方m。榎並社長は「ISO14001の認証取得を目指して、社員一丸となって環境問題に積極的に取り組んでいる。拠点を改善することで“安全運転”から環境に優しい“経済運転”を推進していきたい」と話している。
 同社は1963年福岡運搬機株式会社をTCM東洋運搬機株式会社のサービスセンターとして設立、88年東洋運搬機販売株式会社福岡事業部の営業権を引き継ぎ、福岡TCM株式会社を設立、99年九州TCM株式会社に改称。資本金2億4000万円、従業員260人、売上高75億2400万円(08年3月期見込)。榎並社長は大阪府茨木市出身、1947年1月10日生まれの61歳、東京理科大学工学部卒、趣味はスポーツ、旅行。