NEWS

  • 地域

佐賀市に5階建てマンション  作州商事     同地区で16棟目


 地場大手デベロッパー・作州商事株式会社(福岡市博多区大博町、樺島敏幸社長)は、佐賀市開成5丁目に5階建て、総戸数50戸の分譲マンションを建設している。完成予定は来年6月。佐賀地区で16棟目になる。
 名称は「エイルマンション開成Ⅱプレシャス」。場所は佐賀市営バス「鍋島団地」バス停前、敷地面積は2951平方m、延床面積は4189平方m。2LDK8戸、3LDK29戸、3LDK+N1戸、4LDK12戸で、最多販売価格は2100万円台(11戸)。オール電化、ブロードバンド対応、シャッターゲート車庫などが特徴。同社では「徒歩圏内にはショッピング施設も充実し、近隣に神野公園があるなど落ち着きのあるエリア」と話している。
 作州商事は1985年3月設立、資本金は1億円。九州地区を中心に西日本エリア、東北、信越エリアなどで130棟を超える「エイル」シリーズマンションを展開。売上高は116億円(2008年3月期)、従業員数は約100人。