NEWS

  • 地域

佐賀営業所を新築移転  岩田産業    物流拠点としての機能強化


 業務用総合食品商社の岩田産業株式会社(福岡市博多区諸岡3丁目、岩田陽男社長兼会長)は1月19日、佐賀営業所を佐賀市鍋島町から同市高木瀬町に新築拡張移転した。
 老朽化に伴うもので、物流拠点としての機能を強化した。場所は県道31号沿いの佐賀城北簡易郵便局北隣で、佐賀大和インター南側に位置し、これまでよりも同インターまでのアクセスを15分短縮した。敷地面積は2411平方m、平屋建て建物面積は1338平方mでこれまでの約1・5倍となった。事務所のほか、大型冷蔵庫、冷凍庫ドライ商品を保管する保管庫などを備えてり、トラックから直接搬入できる搬入口を17台分取り付けている。さらに、土曜日の一部時間帯を除き、月~金曜日まで24時間体制で取引先からの発注に対応する受注専用窓口を設置し、顧客サービスの充実を図った。スタッフは大島秀紀所長を含む25人で、同営業所単独で年商20億円を目指す。
 同社は1975年4月設立。資本金5000万円。2014年2月期の売上高は222億円、従業員約420人。