NEWS

  • 地域

住宅着工回復期待できず下方修正  越智産業    第2四半期、通期とも


 建築資材・住宅設備機器卸の越智産業株式会社(福岡市中央区那の津3丁目、越智通広社長)は、2010年3月期第2四半期(09年4~9月)連結業績予想で、売上高を360億円から330億円に、経常利益を1億7000万円から2000万円に下方修正した。
 消費者の個人所得に対する不安や雇用情勢の低迷などを受けて、今後の市場活性化と住宅着工戸数の早急な回復が期待できないと判断した。営業損益は3000万円の黒字から1億5000万円の赤字、純利益は7000万円から1000万円に修正した。通期見通しは、売上高で740億円を705億円、経常利益で4億2000万円を3億1000万円、営業利益で1億1000万円を6000万円、当期利益で1億5000万円を1億円にそれぞれ下方修正した。