NEWS

  • 地域

住宅事業部新規事業で住まい相談店舗  福岡地所    9月16日、木の葉モール橋本に


 地場大手総合デベロッパー・福岡地所株式会社(福岡市博多区住吉1丁目、榎本一郎社長)は、「hit住宅展示場」などを運営する住宅事業部の新規事業として、9月16日、「木の葉モール橋本」内に住まいの総合案内拠点を新設する。
 店舗型サービス拠点で名称は「木の葉モール橋本住まいるデスク」。同施設2階に約20平方mで設置。住宅購入やリフォームを検討している来場者を対象に新築、建替え、売買仲介などに関して、約40社の提携会社の中から中立な立場で最適なパートナーを紹介するなど無料相談に応じる。営業時間は午前10時から午後7時まで。
 同社住宅事業部は、福岡県内4カ所で「hit住宅展示場」を運営するほか、分譲マンション「ネクサス」シリーズを開発・販売している。