NEWS

  • 地域

低圧分譲太陽光発電所61区画を販売  Rising Sun    山口、千葉県など


 太陽光発電商材販売の株式会社Rising Sun(筑紫野市美しが丘北3丁目、野畑龍彦社長)は1月1日、山口市などで低圧分譲太陽光発電所61区画を販売開始した。
 1区画に設置するパネルの発電能力を50kW未満に抑えた同商品は、大型発電所と比べ、1口当たりの投資額を抑えているのが特徴。物件は電力会社への接続・連携申請がすでに完了している。昨年9月に各電力会社が新規の申請受付を中断して以降、市場に出回る物件数は減少傾向にあり、個人投資家や節税対策を検討する法人に提案していく。
 場所と区画数は、山口市佐山に24区画(3月完成)、滋賀県甲賀市水口町に3区画(同)、同信楽町に6区画(同)、同水口町に3区画(6月完成)、千葉県袖ヶ浦市に10区画(7月完成)、佐賀県武雄市に7区画(6月完成)、栃木県宇都宮市(7月完成)に8区画。価格は1区画あたり2000万~3000万円。同社では「各電力会社の申請中断発表以降、投資家や企業の方々から、購入についての問い合わせが増加している。今後もお客さまの声に応えていきたい」と話している。
 同社は2011年設立。資本金は1000万円。親会社の朝日工業は1965年4月設立。資本金は3000万円。14年3月期の売上高は18億円。従業員は40人。