NEWS

  • 地域

伊勢丹新宿店の人気食料品百選に選定  味の兵四郎    年間販売数約1万個を記録


 だし、めん、つゆなどを販売する有限会社味の兵四郎(筑紫野市美しが丘北3丁目、野見山正煇社長)は8月11日、伊勢丹新宿店の人気食料品百選に選ばれた。
 伊勢丹新宿店の食料品フロアで販売数の多い商品を選んだ。選定されたのは主力商品の「あご入り兵四郎だし」で、販売数は年間約1万個。「あご」はトビウオのことで、水揚げしたあごを炭火で串焼きにし、天日干しの後に鰹、昆布、椎茸などを加えて仕上げる。主に吸い物や煮物のだしとして使用される。選ばれた百アイテムは伊勢丹のオンラインショップで紹介されており、ネットから購入可能。
 同社は1989年創業、1993年5月設立、資本金5百万円、従業員数は56人。売上高15億8千万円。野見山社長は嘉穂郡庄内町出身、1951年10月9日生まれの58歳。立教大学経済学部卒。趣味は旅行、飲み食い、読書。