NEWS

  • 地域

今期3出店と、8店のリニューアルを計画  ヒル・トップフードシステム    鳥栖店は30日改装オープン


 ラーメン「博多金龍」を展開するヒル・トップフードシステム株式会社(福岡市博多区博多駅前、吉田稔社長)は、今期3店舗の出店と8店舗のリニューアルを計画している。直近では10月30日、佐賀県鳥栖市本町2丁目の「博多金龍 鳥栖店」をリニューアルオープンする。
 同社は1カ月半に1店舗ペースで新VI(ビジュアルアイデンティティ)の店舗に改装しており、今期は北九州・福岡・熊本の北部九州を中心に8店舗を計画。新規出店は12月に1店舗計画している。「博多金龍 鳥栖店」は国道34号線沿い、鳥栖市役所向かい。外装をはじめ内装も既存のイメージカラーの黄色から赤に変更。また店内は家族連れでも入店しやすいよう、BOX席を充実させる。敷地面積は873平方m、店舗面積は136平方m。駐車場は15台収容可能。店舗構成はカウンター12席、テーブル席44席の計56席。営業時間は午前11時から午前3時までで、年中無休。従業員数は10人。メニューはとんこつラーメンなどのほか、餃子、チャーハン、カレーライスなどを取り揃える。同社の特徴である漫画本は、2000冊揃える。客単価は600円から650円を見込み、初月は前年同月比30%増を目指す。同社は「鳥栖店はファミリー層でも気軽に楽しんでいただけるよう、BOX席を充実させているのが特徴。今期も順調に、リニューアルや新店を展開していきたい」と話している。
 同社は、1994年12月21日設立、資本金3億233万円、従業員数568人(アルバイト・パート含む)、09年9月期売上高は22億円。「博多金龍」を九州地区、中国地区、愛知県岡崎市などで51店舗展開している。