NEWS

  • 地域

今川2丁目の鳥飼八幡宮境内にフォトスタジオ  ブルースカイ    七五三、宮参り需要見込む


 セレクトショップ運営の株式会社ブルースカイ(福岡市中央区今泉2丁目、貞末真吾社長)は3月20日、今川2丁目の鳥飼八幡宮境内にフォトスタジオ「Acestudio(エーススタジオ)」をオープンした。
 赤ちゃん、子どもを対象に神社を参拝する七五三や宮参り利用者の記念撮影需要も見込み、オープンした。店舗は1階建てで、敷地面積は約35平方m。営業時間は午前9時から午後6時までで、定休日は水曜日。スタッフは貞末直実ゼネラルマネジャー以下2人。撮影プランは、撮影データの当日配布、ヘアメイク、貸し衣装、スタジオ使用料、撮影約2時間、アルバム、フォトスタンド製作などの「基本プラン」が2万9000円。
 また、同店では神社の境内という立地を生かしながら、他のスタジオと差別化を図った「七互三プラン」を検討している。貞末ゼネラルマネジャーは「七互三プランは、子ども用のアンティーク着物を取り入れ、差別化を図っていく。境内にあるので、参拝の記念撮影に利用してほしい」と話す。同プランの価格帯は未定。
 スタジオ設立の経緯について、貞末マネジャーは「赤ちゃんや子どもの自然体を撮影したいという思いから、フォトスタジオを設立した。なかでも、大人びたデザインの貸衣装を取り入れたことが特徴」と説明する。また、今後の展開については「このスタジオで、母親と子供が気軽に参加できる“体験型”イベントなどを実施していきたい」と意欲を見せた。
 株式会社ブルースカイは2012年7月設立、従業員はパート含む15人。福岡発のセレクトショップ「Acebuddy(エースバディ)」を2012年9月に開業。13年3月、東京都代官山に関東1号店を出店している。
 貞末ゼネラルマネジャーは栃木県宇都宮市出身。1979年10月9日生まれの34歳。ESMOD JAPON専門学校卒。子ども服のデザイン、販売を経て、現職。趣味は散歩、旅行、美味しいものを食べること。