NEWS

  • 地域

今夏のサンシャインプールの動員が30万人突破  西日本パブリック    同社受託運営後は初めて


 行政施設の委託運営・管理業の西日本パブリック株式会社(福岡市東区西戸崎5丁目、粥川公平社長)が受託運営する海の中道海浜公園内サンシャインプール(同所)の今夏(7~9月、営業日数60日)入場者は、30万765人で前年同期比2万6531人増だった。同社が受託運営を開始した01年からでは最多動員。
 30万人以上の入場者は1983年の開業以来2回目。最多動員日は8月23日の2万2000人。粥川社長は「今年は天候的には恵まれなかったが、高速料金1000円の影響から今年は山口、佐賀、熊本など他県ナンバーも目立った。プールの不足や遊具施設のマンネリ化を防ぐため今後設備の増強やリニューアルも検討している」と話している。
 同社は1991年3月設立。資本金9950万円。従業員48人。09年1月期売上高20億9960万円。粥川社長は岐阜県下呂市出身、1949年2月24日生まれの60歳、趣味は柳生新陰流。