NEWS

  • 地域

京成船橋駅高架下に複合駐車場  トーマス    3月24日オープン


 自転車・バイク・車・総合駐輪場システムメーカーのトーマス株式会社(福岡市博多区博多駅南5丁目、小野原龍弘社長)は、3月24日、京成電鉄船橋駅に複合駐車場をオープンする。同社では64カ所目。
 駐車場を整備して回遊性、景観の向上に対応する。高架下の細長いスペースを有効活用して、自転車、大型・小型バイク、自動車の合計603台を、A~Gの7ゾーンに分けて配置する。比較的駅に近いA~Cゾーンを自転車(333台)、小型・大型バイク(86台)の時間貸し利用とし、駅から少し離れたD~Gゾーンを、月極バイク(33台)、レンタサイクル(87台)、月極自転車(41台)、車(23台)とし、ニーズに応じて配置や料金設定が異なっている。小野原社長は「時間貸しは利用しやすい手前に配置するなど、利用者のニーズに応じたきめ細かいレイアウト、また、柔軟な料金体系で稼働率を高めている。博多駅は1日の乗降客は30万人と言われているが、船橋駅は1日38万人で高い需要を見込んでいる。当社の駐車場の優位性を積極的にPRしていきたい」と話している。