NEWS

  • 地域

事業者向けに「ふくおか官兵衛くん」PR商材  寶章堂    マグネットや顔出しパネルなど


 印刷用刷板を扱う株式会社寶章堂(福岡市東区多の津、前田甚一郎社長)は12月から、福岡県などが製作したマスコットキャラクター「ふくおか官兵衛くん」のPR関連商材を発売した。
 ふくおか官兵衛くんはNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の放送開始に合わせ、地元とのゆかりをPRするために製作されたキャラクターで、県は無料で事業者の利用申請を受け付けている。今回、同社が製作したのはマグネット、シール、自己吸着シール、フィギュア、等身大パネル。紙素材をベースに、自社設備による製版・加工技術を活用していることから、デザインやサイズ変更などの細かい対応も可能という。価格はフィギュアが1500円から、マグネット6枚セット4200円、等身大パネルは2万9400円など。
 関連商材の問い合わせは、「ドラマ放送開始後に約4倍に急増した。商材を展示する和風の台座などの受注も伸びている」と話し、地元で「官兵衛商材」の展開が活発になっていることが分かる。