NEWS

  • 地域

九州大学病院内にレストラン  横浜市の光洋    県内2店舗目


 医療用品製造販売などの株式会社光洋(横浜市金沢区福浦、高木克昌社長)は9月28日、福岡市東区馬出3丁目の九州大学病院1階にレストランを出店する。県内2店舗目。
 同社は主力事業に加え病院や医療施設内のレストラン事業を展開する一環。店名は「レストラン ビアンモール」。店舗面積は250平方m、客席数は200席。メニーは定食や丼ぶり、ラーメン、パスタ、うどんなどの麺類、ランチメニューなど。営業時間は平日が午前8時30分から午後8時まで、土・日・祝日が午前9時30分から午後8時までで、年中無休。従業員数は30人で、店長には秋葉隆名古屋第二赤十字病院内レストラン料理長が就任した。秋葉店長は神奈川県出身。1960年1月14日生まれの49歳。横浜商工高校卒。病院の来院患者や付添人を対象に、客単価700円を見込む。同社は「お客さまにとって、安心で安全なお食事ができる病院内のオアシスのような店舗を目指したい」と話している。
 同社は1973年5月設立。資本金9600万円。従業員数350人。売上高非公表。大人用おむつの製造販売を主力に、各種介護用品の製造販売、病院内売店の受託経営などを展開している。