NEWS

    久山温泉ホテル夢家を運営 ティーケーピー


    九州で宿泊研修事業を開始

    貸会議室を運営する㈱ティーケーピー(東京都新宿区、河野貴輝社長)は、9月から「レクトーレ博多 久山温泉」の運営を開始した。
    同施設は2月末に取得が完了しており、リゾート型宿泊研修施設「LecTore(レクトーレ)」のブランドで、宿泊一体型の研修プランを県内外の企業に提案していく。全国では8拠点目で、九州では初の展開。初年度売上高約7億円、3年後の売上高約9億円を見込む。
    同施設の敷地は1万6520㎡で、施設の延べ床面積は8476㎡。敷地内には12種類の温泉とサウナ、和洋客室(44部屋)、施設は12〜160人収容可能な宴会場・会議室(11室)などを備えている。同社では「会議室展開で培った企業とのネットワークを活かし、日帰りプランやオフサイトミーティングの新たな需要を取り込んでいく」と話している。

    2019年10月23日発行