NEWS

  • 地域

中間期は広島の物件完売で増収増益  コーセーアールイー    賃貸監理事業も好調


 マンション事業の株式会社コーセーアールイー(福岡市中央区赤坂1丁目、諸藤敏一社長)の2011年1月中間期連結決算は、売上高が前年同期比45・3%増の24億63百万円、経常利益が1億56百万円(前年は1億605万円の赤字)で増収増益だった。
 広島県福山市の他社開発のファミリーマンション1棟(45戸)を仕入れ6月から販売した結果、同月中に完売し7月までに35戸を引き渡したことが収入、収益ともに増加要因になった。事業別では不動産販売事業がファミリーマンションを59戸、資産運用型マンション46戸、中古マンション9戸を引き渡した結果、売上高が同46・9%増の23億8888万円。不動産賃貸管理事業は資産運用型マンションの新規完成に伴い、管理戸数が1376戸になり同9・0%増の7504万円となった。
 通期では前期比3・4%増の売上高36億87百万円、経常利益86百万円の増収増益を予想している。