NEWS

  • 地域

中洲4丁目に10階建ての飲食ビル建設  SBIホールディングス    11月1日オープン


 不動産投資開発事業などのSBIホールディングス株式会社(東京都港区六本木1丁目、北尾吉孝社長)が福岡市博多区中洲4丁目に、10階建て飲食ビルを建設している。今年10月末完成。11月1日オープン。
 場所は、明治通り沿いにある中洲大洋映画館の東隣。敷地面積414平方m、建築面積355平方m、延べ床面積2959平方m。名称は「prato NAKASU」。130平方mから最大290平方mまで出店可能。鉄骨造りで、「大人の社交場」をコンセプトに、那珂川沿いの眺望を生かし、全フロアで川を見わたせる落ち着いた雰囲気の空間作りを計画している。4階以上からは、全バルコニー付きのフロア構成となる。テナントには和洋中問わず様々なジャンルの店舗を入れ、地元店舗にこだわる部分と全国展開をしている店舗の融合を目指す。
 同社は「ここまで大型かつ飲食店だけが入っているビルは九州には少ない。大人が落ち着いて楽しめるようなプレミアム感のある空間作りを目指し、福岡で飲食ビルといえばここだといわれるように。『食』に対して独自のこだわりをもった質の高いテナントを誘致したい」と話している。