NEWS

  • 地域

中洲3丁目に卓球バー  モンテリブロ    店舗面積293平方m


 飲食店運営の株式会社モンテリブロ(福岡市中央区大名1丁目、山本伸治社長)は11月22日、同市博多区中洲3丁目に卓球バーの「UNDER SPIN(アンダースピン)」をオープンする。同社が運営する飲食店で6店舗目。
 場所は中洲ゲイツビル8階で、店舗面積は293平方m、従業員は10人。同店舗は、ダイニングバーで卓球を楽しむことができる卓球バー。営業時間は午前11時から深夜3時までで、定休日は不定休。座席数は全部で77席、店内に卓球台を4~6台設置する。ターゲットは20代から40代の男女で、メニューは前菜からメーンまでニューヨークスタイルの料理を提供し、「新鮮鮮魚のカルパッチョ」や「バッファローウイング」、「肉厚ハンバーガー」、「ごろごろ野菜のアラビアータ」などがあり、価格は現在検討中。
 食事会やパーティー会場としての利用拡大を目指す。山本社長は「今後、昼時間帯に卓球スクールを併設する予定。幅広いお客さまに楽しんで頂けるよう力を入れていきたい」と話している。
 同店舖の年間売り上げ目標は6000万円。同社は11年3月設立、資本金300万円、従業員数は約30人。
 山本社長は福岡市西区出身、1976年11月28日生まれの36歳。東海大学卒業、趣味は音楽。