NEWS

  • 地域

中小企業庁から海外展開部門で表彰 三友機器    ASEAN で畜産環境プラント展開


食品包装、畜産環境プラント設計施工の三友機器株式会社(福岡市中央区大手門1丁目、河内旭会長)は5月26日、中小企業庁の「はばたく中小企業・小規模事業者300社」で海外展開部門の優良企業に選定された。
革新的な製品開発やサービス創造、海外での積極的な販路拡大による国際競争力強化、女性経営者を始めとする人材活用に取り組む企業などさまざまな分野で活躍している中小企業、小規模事業者を評価するもので、同社が選定された部門は全国の中小企業17社が受賞。同社では 家畜ふん尿や汚泥などの有機物を急速堆肥化するプラント『コンポ富士』を国内で販売してきたが、15年度から海外での取り扱いを開始。昨年9月にはフィリピンで海外1号機を納品した。経済成長が進むASEANでは郊外の都市化が進み、家畜産業の近代化の需要が高まっており、今後は海外部門で年10台の販売を目指す。
同社は1975年11月設立。資本金は5000万円。従業員は117人。売上高は92億円(15年12月期)。
河内会長は1946年1月9日生まれの70歳。熊本県山鹿市出身。趣味はゴルフ。