NEWS

  • 地域

中央区赤坂1丁目に和料理店  ブルーオーシャン    3店目


 飲食店経営のBLUE OCEAN(ブルーオーシャン)(福岡市西区姪の浜2丁目、田口功二代表)は10月1日、同市中央区赤坂1丁目に和食料理店をオープンした。3店目。
 店名は「囲炉裏の家 むくの木」で、場所は地下鉄空港線赤坂駅西側の「赤坂ウイングアネックス」3階。店舗面積は約70平方m、客席数は36席で、囲炉裏を囲む形態が特徴。営業時間は午後5時から午前1時まで。スタッフは浦田昌輝店長以下3人。アジやイカの活造りなどの活魚と京都生麩、糸島野菜などの炉端焼きをメーンに2500円、3500円、4500円のコースメニューを展開。30代後半~50代のサラリーマンをターゲットに客単価は4500円、月間200万円の売り上げを目指す。田口代表は「接待や会食など、目的を持って足を運んでいただく赤坂だからこそできる業態。料理を仕上げるのはお客さまなので熊本からヤマメ、北海道からししゃもを仕入れるなど素材にこだわった」と話している。
 同グループは2007年7月創業、従業員4人。イタリアン創作料理店「クオリア」(同市西区姪の浜2丁目)、バー「バー クアーレ」(同市中央区大名1丁目)を展開している。
 田口代表は1983年7月19日生まれの30歳、福岡市西区出身、福岡教育大学卒、趣味はテニス。