NEWS

  • 地域

中央区西中州に高級サロン開設  東京都のインタースパ    東京、大阪に次ぎ福岡初の開設


 アロマトリートメントマッサージや岩盤浴の「OLIVE SPA」を全国に展開する株式会社インタースパ(東京都港区、鳴海龍社長)は1月10日、福岡市中央区西中州に通常店舗よりもワンランク上の高級サロンをオープンする。ペントハウス業界としては東京、大阪に次ぎ3カ所目。
 東京や大阪が好調で、福岡での需要拡大を図る。名称は「ペントハウス西中州店」。場所は那珂川沿いリップルビル南西のアスコットテラス3階。2階には13年4月にオープンした「OLIVE SPA西中州店」がある。フロア面積約50平方m。スタッフは黒崎麻理恵店長含め7人。平均客単価は1万5000円。営業時間は12時半~翌朝5時半。ターゲット層は20代後半~50代後半。同社では「福岡で初のペントハウス店舗なので、当社の最高峰の接客、サービスを福岡の方にも受け入れてもらえるよう、地域ナンバーワンを目指す」と話している。
 同社は2004年8月設立。資本金2億7900万円。従業員400人(関連会社含む)。現在全国に33店舗展開。14年6月期売上高は25億円。