NEWS

  • 地域

中央区春吉に洋食居酒屋とバーを出店  セレーヌ    6店舗体制に


 飲食店経営・株式会社セレーヌ(筑紫野市二日市中央4丁目、山本隆史社長)は9月24日、福岡市中央区春吉に、洋食居酒屋とバーを同時オープンした。6店舗体制となる。
 同社は久留米市、太宰府市、春日市、福岡市南区野間で飲食店を展開。今後福岡市内の都心部に展開する際の旗艦店として出店した。場所は灘の川橋北側、那の川沿いの複合ビル「リヴィエールシャン」1階。店舗は通路を挟んで隣接している。洋食居酒屋の店名は「アクアダイニング パッソ ア パッソ」。店舗面積は99平方m。客席数はカウンター席5席、テーブル27席、テラス8席の計40席。メニューはパエリアやタパスなどスペイン料理や、イタリアンなど約50種類。ドリンクはワインやカクテルを主力に、アルコール類を多数揃える。ターゲットは20代後半から30代前半。料理の多くを1000円以下のリーズナブルな価格に設定しており、客単価は2000円から3000円を見込む。営業時間は午後6時から午前5時までで、定休日は日曜祝日。従業員数は16人で、店長は阿部慎二ベビーフェイスプラネッツ春日店店長が就任した。阿部店長は太宰府市出身。1982年9月27日生まれの27歳。武蔵台高校卒。趣味はスノーボード。
 またバーの店名は「バー ジェンメオ」。店舗面積は66平方m。客席数はカウンター7席、テラス席4席、テーブル席8席、BОX席12席の計31席。メニューはカクテルやワインを主力に約100種類。ターゲットは30代から40代で、客単価2500円を見込む。従業員数は3人で、店長は横手絢史郎さんが就任した。横手店長は佐賀県神埼市出身。1985年9月24日生まれの24歳。西鉄国際ビジネスカレッジホテル科卒。趣味はツーリング。営業時間は午後7時から午前5時までで、定休日は日曜祝日。初年度売り上げ目標は2店舗で6000万円。同社では「おいしい料理と那の川沿いの最高のロケーションを、リーズナブルな価格でお楽しみいただける。洋食居酒屋とバーをそれぞれ使い分けて楽しんでいただきたい。また今回の店舗の状況を見ながら、次の出店を検討していきたい」と話している。
 同社は2004年2月設立。資本金2500万円。従業員数20人。奈良県の株式会社ベビーフェイス(奈良市登美ケ丘2丁目、田中守社長)が展開するカフェ「ベビーフェイスプラネッツ」のフランチャイジーとして福岡県内で4店舗経営。売上高非公開。山本社長は兵庫県神戸市出身。1969年1月9日生まれの40歳。神戸商科大学卒。趣味は水泳。