NEWS

  • 地域

中央区平尾1丁目に焼き鳥店をオープン  福岡市中央区の寺田侑史さん    9月16日


 福岡市中央区在住の寺田侑史さんは9月16日、同区平尾1丁目に焼き鳥店をオープンする。
 店名は「とりかわかわっこ」で、場所は、県道31号(通称・高宮通り)の平尾1丁目交差点そばにある専門学校東京国際ビジネスカレッジ(通称・クラーク記念国際高等学校)西側の「大正館薬院南」1階。店舗面積は約66平方m、客席はカウンター10席と4人掛けテーブル席2席、6人掛けテーブルを2席用意する予定。従業員は8人(アルバイトを含む)。メニューは、メーンのとり皮を1本100円で提供。その他、豚バラなどの串もの20種類のほか、とんそくなど一品料理もそろえる。ターゲット層は20代後半~50代後半で、平均客単価は2500円を見込む。営業時間は午後6時から午前1時まで。定休日は日曜日。寺田さんは「5年間勤務したとり皮専門の焼き鳥店での経験を生かし、より美味しいとり皮などの焼き鳥を提供したい。」と話している。
 寺田さんは福岡市東区出身。1984年11月19日生まれの29歳。九州産業大学付属九州高校卒。趣味はジョギング。