NEWS

  • 地域

中央区大名2丁目に「四谷学院天神校」開校  東京都のブレーンバンク    7階建て校舎建設中


 関東、関西エリアで予備校・個別指導校舎「四谷学院」を展開する株式会社ブレーンバンク(東京都新宿区四谷1丁目、植野治彦社長)は2月15日福岡市中央区大名2丁目に7階建て校舎「四谷学院福岡天神校」を開校する。九州初進出で全国では20校舎目。
 同社は関東圏で展開してきたが、06年に梅田校を開校して以来、関西エリアにも積極進出。「新規エリアに開校するたびに予想以上の反響があった」(同社)ため、九州にも進出するもの。7階建てで敷地面積602平方m、延べ床面積2380平方m。設置するのは東大京大文系・理系コースや九大文系・理系コースなど16コースからなる高卒正コース、高1~3年生コースの3コースからなる高校生コース、小、中、高生や、高卒生を対象にした1対1または1対2の個別指導科の3つ。高卒、高校生コースには「科目別能力別クラス」と「55段階個別指導」のダブル教育を実施。森みさ常務は「まずは福岡天神校で信頼を集め、皆様からご要望をいただく中で新規開校も考えていきたい」と話している。同社は1974年創立、資本金1000万円、講師数1500人。現在関東に14校、関西に4校展開。天神校開校の同日に名古屋校も開校する。