NEWS

  • 地域

中央区大名1丁目にすし店  福岡市中央区の熊谷隆さん   初出店


 福岡市中央区の熊谷隆さんは、7月29日、同区大名1丁目にすし店を出店した。
 同店「鮨 くま」は飲食チェーン店やすし店で勤務した熊谷氏が独立し初めてオープンしたもの。場所は通称「警固」交差点の北東側で商業ビル「kikiプレイスファーストバース」1階。店舗面積は約50平方m、席数は16席。地産地消にこだわった鮮魚を仕入れ、刺身盛り合わせなど地元の食材を使用した「おまかせ料理」(6000円~)のほか、日本酒を中心に酒類30種を提供。想定客単価は8000円で初年度では2400万円を売り上げる見込み。従業員は4人。営業時間は午後6時から午前零時まで、定休日は日曜祝日。熊谷さんは「すしや地酒をのんびりと楽しんでもらいたい」と話している。
 熊谷氏は鹿児島県出身、1975年生まれの33歳、趣味は魚釣り、旅行。