NEWS

  • 地域

中央区大名にハワイ発レストランの九州1号店  東京のWDI JAPAN    国内2番目の大型店舗


 東証ジャスダック上場の株式会社WDI子会社で、レストラン経営や運営受託の株式会社WDI JAPAN(東京都港区六本木、清水謙社長)は7月18日、福岡市中央区大名1丁目にハワイ発祥のカジュアルレストラン「Eggs,n Things(エッグスンシングス)」の九州1号店をオープンした。
 エッグスンシングスはハワイのホノルルで1974年創業。現地のハワイのみならず、ハワイを観光する世界中の旅行者からも人気で、2009年10月にエッグスンシングスジャパンを設立し、日本進出。10年3月の原宿店オープンを皮切りに、店舗展開を開始し、朝食メニューとして人気パンケーキブームの火付け役として知られている。今回オープンした福岡天神店は国内7店舗目で、WDI JAPAN運営としては横浜、湘南江ノ島、神戸に次ぎ4店舗目。
 福岡天神店は、天神西通り沿い西側路地の左手にある商業施設「THE SHOPS」1階に入店。店舗面積は約244平方m。客席は店内86席、テラス20席の計106席。外装は緑と白を基調とし、内装は白壁と明るいベージュの床が基調となっている。スタッフはアロハシャツにアロハ柄のエプロンを身につけ、ハワイ独特の明るい雰囲気が漂う空間を演出している。朝、昼食帯は朝食メニューとして人気のパンケーキをはじめ、ワッフルやオムレツなどを提供。午後5時以降のディナー帯は、ハワイ風チャーハンのハワイアンフライドライスやガーリックシュリンプなどのローカルフードを用意。その他、オリジナルカクテルやトロピカルワインなどを揃える。営業時間は午前9時から午後10時半まで。スタッフ数は100人。
 親会社のWDIは1954年4月設立。資本金は約5億8555万円。14年3月期売上高は202億8600万円。グループでさまざまな業態のレストランを運営しており、国内外に191店舗を展開する。WDI JAPANは主に、カプリチョーザやトニーローマ、ハードロックカフェなどの国内展開を担う。