NEWS

  • 地域

中国人観光客向けに銀聯カード決済サービス  イムズ    年内にも開始へ


 複合商業施設・株式会社イムズ(福岡市中央区天神1丁目、山田寛治社長)は、中国人観光客に対応するため、銀聯(ぎんれん)カードの決済サービスを開始する。
 既存のカード端末機にアプリケーションを増設し、全店で対応する計画。同施設では中国人観光客が化粧品店などに来店しており、同サービスの導入でサービス向上を図る。
 銀聯カードは中国銀聯(中国での銀行間決済ネットワーク運営会社)が発行するキャッシュカードで、銀行口座から即時決済を行うデビッド機能がついている。中国本土での普及率が高いことと、海外旅行時の外貨持ち出しが制限されていることから中国人のショッピング利用率が高いという。中国発着の外国クルーズ船の博多港への寄港が増える中、福岡でも着々と加盟店が増加しており、天神地区では岩田屋、福岡三越、博多大丸、ベスト電器福岡本店などで導入されている。同社では「現在中国人観光客の買い物は家電、ブランド品の買い物が中心だが、今後はアパレルなどでも可能性がある」と話している。