NEWS

  • 地域

中国・金光社と了解覚書を締結  ケアリング    大連市における介護事業運営支援で


 訪問介護サービス、施設介護事業などを手掛ける株式会社ケアリング(福岡市博多区千代3丁目、中尾光明社長)は、金光輝鴻精密機械有限公司(中国大連市、于忠文董事長・総経理、以下金光社)と大連市における介護事業運営支援の了解覚書を締結した。
 締結内容は金光社が大連市で手掛ける養老サービス事業に、ケアリングがコンサルタントとして協力するもの。金光社は同事業の開始に先立ち、今年5月にケアリング社を訪れ、日本の介護保険事業の視察見学を実施。その後、着手の検討準備に入り、コンサルティング業務の委託に至った。8月18日にハイアットリージェンシー福岡(福岡市博多区博多駅東2丁目)で調印式が開かれ、当日は大連市政府団のほか両社の関係者らが約30人出席した。中尾社長は「我々の介護ビジネスが両国の架け橋となれば幸せだ。運営ノウハウの指導や社員研修などを通じて、ともに発展していきたい」と話している。
 同社は2000年11月創業、01年2月設立。資本金2000万円。従業員325人(非常勤含む)。中尾社長は大分県中津市耶馬溪町出身。1956年6月8日生まれの60歳。法政大学経済学部卒。趣味はアウトドア。