NEWS

  • 地域

中古家具・家電をネットオークション  フィールインターナショナル    子供服のリサイクル事業も計画


 輸入家具の販売の株式会社フィールインターナショナル(福岡市博多区博多駅前4丁目、坂田一幸社長)は、昨年12月から、不要になった家具や家電を回収し、インターネットのオークションサイトで販売するリサイクル事業を開始した。
 これはインテリア事業を手がける同社が得意とする「デザイン性」を付加価値として商品再資源化など100%回収・再利用を目指す循環型ビジネスを展開する一環。市内の不動産業者やマンション管理会社と提携し、居住者から不要になった家具・家電を基本的に無料で回収し、インターネットオークションで販売する。また3月からは不要になった子供服を回収し、ペット服にリメイクして同様にネットオークションで販売する事業も計画している。坂田社長は、「管理会社は不法投棄の防止策に、居住者は家具を捨てる手間や手数料がいらないので双方に利点がある。多くの人にこのシステムを利用してもらえれば」と話している。同社は04年10月設立、資本金1000万円、従業員数6人。輸入家具のネット通販やマンションのリノベーション事業などを手がける。昨年8月に中央区港から本社兼ショールームを移転。