NEWS

  • 地域

一般社団法人化し中小企業事業推進機構に改称  事業推進クラブ    発足記念式典に120人参加


 中小企業を対象に経営支援を手掛ける事業推進クラブ(事務局ICI株式会社内、福岡市中央区大名2丁目、島田昭規代表理事)は9月11日、一般社団法人化し、「一般社団法人中小企業事業推進機構」に名称を変更した。
 同団体は昨年3月に発足。中小企業を対象に月1回ペースで異業種交流会を開催し、会の前半を参加企業によるプレゼンテーション、後半を名刺交換会で構成。販路拡大、事業パートナーの発掘や人脈形成などを積極的に後押しするなど、ビジネスマッチングを支援してきた。今後社会的信用力を向上させ、参加企業へのさらなる支援策拡充を目指すため一般社団法人化し、名称も変更した。年間費1万円の正会員向け支援事業として、ビジネスモデル構築支援、商品割引支援、企業広報支援、見本市の企画、経営相談、研修事業など幅広く展開する。また毎月第4月曜日に、一般でも参加可能な異業種交流会を「事業推進クラブ」として引き続き開催する。
 同団体は9月28日、同区春吉3丁目のホテルイル・パラッツォで、発足記念式典を開催。当日は120人が出席した。パーティーでは、島田代表理事が設立のあいさつと事業計画を発表。また設立理事・監事など13人を紹介。会の後半は懇親会が実施され、参加者は交流を深めていた。島田代表理事は「中小企業の力を集め、経営相談やビジネスモデルの構築など様々な角度から経営を支援する活動を行っていきます」と決意表明した。