NEWS

  • 地域

ワイヤレスフォンを発売  パナソニック コミュニケーションズ    月産1000台


 固定通信機器製造・販売のパナソニックコミュニケーションズ株式会社(福岡市博多区美野島4丁目、赤峰信治社長)は、ワイヤレスフォン「KX‐WPA300」を、10月7日に発売した。
 これはインターネットを利用した通話であるSkypeをパソコン無しのワイヤレスで利用できるもので、同社製の音声会議ホンなどとも連携できる。またスピーカーホンを搭載しているため、ハンズフリーでも通話できる。同機と同社製音声会議ホンを接続することで、一般電話回線がない場所でも無線LANでインターネットに接続できる環境があれば、どこでも電話会議ができるという。「FUSION IP‐PHONE」サービス対応で、Skypeによる通話の際に050番号での発着信が可能。月産台数は1000台。価格は4万4100円。また、同機の発売と同時にワイヤレスフォン対応アクセスポイント「KX‐WPA302」(4万4100円、月産500台)を発売した。
 Skype(スカイプ) : スカイプ・テクノロジーズS.A.社が提供する無料コミュニケーション・ソフトウェア。Skypeユーザー間であれば、インターネットを使えるところなら世界中どこからでも無料で音声通話やビデオ通話ができる。