NEWS

  • 地域

ロックオン社と提携しアクセス解析サービス  グルービーモバイル    初年度目標30件


 携帯電話向けWEB制作のグルービーモバイル株式会社(福岡市博多区博多駅前2丁目、福田政行社長)は、11月10日、インターネット広告関連ソフトウェアの企画・開発・販売、株式会社ロックオン(大阪市北区梅田2丁目、岩田進社長)と提携し、自社のSaaS/ASP(利用者が必要とするアプリケーション機能をインターネットなどのネットワークを通じて提供するもの)型コンテンツ管理システム「グルービーCMS」のアクセス解析サービスを開始した。
 これまで自社で対応できなかったFlash(グラフィック、オーディオ、テキスト、ビデオといったデジタルメディアを組み合わせて、WEBコンテンツを作成、再生するもの)サイトの高度なアクセス解析を、広告効果測定システムで国内ベンダーシェア1位の実績を持つロックオン社と連携して強化するもの。システム名は「AD EBiS」(アドエビス)」。導入により携帯サイト立ち上げから効果測定までのリードタイムとランニングコストを大幅に削減し、携帯サイト運営の効率化が図れるのが特徴。代理店網を用いて販売し、初年度30件の契約を目標にしている。別途ロックオン社との契約が必要で、基本料金は初期費用無料で、月額1万円から。オプション機能としての利用料金は3000円。福田社長は「広告出稿企業へのマーケティングや行動分析ができる。今後も利用者のニーズに合わせたサービスを提供していきたい」と話している。「グルービーCMS」は月額1万4800円~の低価格で携帯サイト作成から、顧客管理、メール配信、アクセス解析、サーバー保守などまで携帯電話による販促に必要な質の高い機能をシステム化したサービス。WEB制作知識がなくてもワードやエクセルを使う感覚でFlashサイトを作成できるのが特徴。
 同社は今年5月設立。資本金700万円。従業員4人。福田社長は福岡市西区出身。1975年4月16日生まれの34歳。福岡大学経済学部経済学科卒。インターネット広告の専門代理店時代の数々のモバイルメディア開発経験をもとに独立。趣味はお酒、映画。ロックオン社は2001年6月設立。資本金1億472万円。従業員50人。「AD EBiS」は累積2000社以上の導入実績を持つ。