NEWS

  • 地域

レストランのグランドメニュー改訂  ピエトロ    「プレミアム スープ生パスタ」を新投入


 ドレッシング製造・販売やレストラン事業を展開する株式会社ピエトロ(福岡市中央区天神3丁目、村田邦彦社長)は12月1日、全国の同社レストラン41店舗共通の「グランドメニュー」をリニューアルした。
 2010年に発表した創業30周年グランドメニュー以来、常に来店客を飽きさせないアプローチを継続する中、創業月の12月をめどにグランドメニューを1年毎に改訂している。今回の新登場メニューは11年3月に「博多1番街店」をオープンする際に導入したイタリー麺の進化形として投入した「プレミアム スープ生パスタ」7品をはじめ、スパゲティ15品、サラダ2品、ピザ6品、ドリア1品の計31品。メニュー総数は前回改訂時の12年11月と比べて、4品多い121品となった。
 特に、半年間の試行錯誤を経て完成したオリジナル生パスタを使用し、フォアグラやローストビーフ、フカヒレ、トリュフなどの高級食材を具材にした3品も揃えるプレミアム スープ生パスタは同社が提案する新しいスタイルの麺メニュー。また、パスタでは、メニューブックの表紙に掲載した「サンマルツァーノたっぷりのトマトソース」をはじめ、「白いペスカトーレ」や「真っ黒なイカスミスパゲティ」など創業時から提案し続ける和と伊の融合を具現化したメニューを揃える。このほか、「ヒレカツとリーフ野菜のサラダ」や、11年12月からグランドメニューに導入し女性を中心に人気の「ミニピザ」3種、デザートとして楽しめるミニピザ「デザートピザ クリスピーショコラ」など多彩なメニューを追加投入した。
 前回改訂時(12年11月)から継続しているメニューの値上げはなく、高価格帯のメニュー(海の幸、プレミアム スープ生パスタ3品)がある一方、食材のシンプルなおいしさを打ち出したメニュー(ベーコンと4種胡椒のペペロンチーノ、サーモンクリームスパゲティ)は580円に設定した。同社では新グランドメニューを記念し、新メニューのパスタ食事券などが当たるスクラッチカード進呈キャンペーンを来年1月末まで実施する。