NEWS

  • 地域

リチウムイオン電池搭載の電動バイクを発売  明和製作所    価格は37万8千万円(税抜き)


 電気モーター製造、販売の株式会社明和製作所(糸島市志登、生野岳志社長)は10月1日、リチウム電池を搭載した電動バイク「E―X」を発売した。
 同社はこれまで電動バイク4機種と超小型電気自動車1機種を販売しており、定地走行距離が従来の電動バイクから2倍の80kmとなるリチウムイオン電池搭載の電動バイクをラインナップに追加したもの。同電動バイクは大分のタイセイエンター株式会社(大分市向原沖1丁目、姫野総一郎社長)が総販売代理店を務め、エコ・トレード(同市西浜、林祥春社長)と株式会社EV―KIMOTO・LABOLATORY(別府市光町、木本茂夫研究開発CEO)が共同開発した。全長195cm、車両重量は百kg。充電時間は約5時間。リチウムイオン電池は小型ながら長時間走行が可能なため、同社では書類や荷物などを運ぶ法人顧客をコアターゲットに福岡県を中心とした北部九州で販売し、初年度は百台の販売を目指す。価格は税抜き37万8千円。EV販売課の深見恒次課長は「現在のラインアップとサービスメンテナンス網をより拡充し九州を代表する小型EV専門店を目指し販路を拡大したい」と話している。
 同社は1967年設立。資本金は22百万円。10年3月期の売上高は7億76百万円。従業員数82人。生野社長は大阪府出身、1962年5月30日生まれの47歳。立命館アジア太平洋大学経営大学院修了、趣味は音楽とスポーツ。