NEWS

  • 地域

ライフハーベストが今泉1丁目に15階建て共同住宅  福岡市標識設置報告書    延べ床面積は4993平方m


 ふくおか経済・株式会社地域情報センターがまとめた4月15日公表分の福岡市標識設置報告書によると、今回建築予定が報告された建築物は7件だった。(建築主が個人のものは除く、標識設置日・3月1日~3月27日)。
 最も延べ床面積が広いのは、株式会社ライフハーベスト(福岡市中央区白金2丁目、守和夫社長)が中央区今泉1丁目に建設する地上15階建ての共同住宅「エステート・モア天神」の4993平方m。
 次いで、株式会社児島ビルディング(福岡市博多区比恵町7丁目、児島豊社長)が博多区比恵町に建設する13階建ての共同住宅「比恵町Kビル(仮称)」の4527平方m。
 以下、医療法人おおはし内科循環器科医院(福岡市南区大橋2丁目、中島光一院長)が南区大橋団地1丁目に建設する4階建ての診療所「おおはし内科循環器科医院」の1757平方mなどが続いた。
 詳細は表の通り。