NEWS

  • 地域

ユニファクトに運転資金1億円を融資  商工中金久留米支店    ABL契約で


 商工中金久留米支店(久留米市東町、平野研一支店長)は5月7日、家具などのインターネット販売の有限会社ユニファクト(大川市三丸、藤木隆之社長)に、企業が持つ商品の在庫や売掛金を一体として担保取得し運転資金などを貸し出す、ABL(アセット・ベースト・レンディング)契約で1億円を融資した。
 同社の家具や雑貨などの在庫や売掛債権を担保に融資枠を設定。商工中金と経営者に十分なリレーションが構築され、事業方針や業績について詳細な開示と定期的な報告があることなどを条件(誓約事項)に、代表者本人の補償を求めない制度(停止条件付連帯保証)を利用している。資金使途は運転資金で期間は1年。同社は1997年6月設立。資本金300万円。従業員30人(14年3月)。家具などの通信販売を展開し、自社サイト「エンジョイ・ホーム」をはじめ、大手のインターネット経由のショッピングサービスを活用してWEB上に10店舗を出店。近年では家具に加え、生活家電や雑貨など取扱商品を拡充している。