NEWS

  • 地域

メーン宴会場をリニューアル  タカクラホテル福岡    総投資額6000万円


 株式会社タカクラホテル福岡(福岡市中央区渡辺通2丁目、高倉照矢社長)は8月30日、メーン宴会場をリニューアルオープンした。
 2006年から段階的にホテル全体の改装を進めており、今回のリニューアルが最後の仕上げとなる。リニューアルした宴会場は2階の「富士」で、フロア面積377平方m、収容人数は着席220人、立食300人。総投資額は6000万円。壁面にセラミックウォールの立体柱を設置、絨毯を青色主体からシャンパンベージュゴールドに変更した。また、最新鋭プロジェクター2基と、170インチ大型電動マルチスクリーンを導入し、ブライダル需要の拡大や、会議・学術講演会の開催などにも対応していく。
 同社は1967年7月創業、1968年10月設立。資本金5000万、従業員数は53人。高倉社長は福岡市出身、1949年9月1日生まれの65歳、慶応義塾大学経済学部卒、趣味は映画、音楽、スポーツ観戦。