NEWS

  • 地域

メニューをめんたいこ料理中心に刷新  元祖博多めんたい重    約20品に


 和食料理店経営の元祖博多めんたい重株式会社(福岡市中央区西中洲、田中博睦社長)は1月1日、めんたいこ料理に特化する。
 これまではごまさばやがめ煮などの郷土料理も提供していたが、1つの素材に特化することで、他店との差別化を図る。メニューは、重箱の中に白米とめんたいこが入った「めんたい重」(1480円)や「めんたい煮込みつけ麺」(1280円)、昨年12月に発売した「ぷくぷくめんたいもつ鍋」(2200円)などめんたいこ料理を中心としたメニュー約20品に絞り込む。同社では「看板メニューのめんたいこのブランドを高めていきたい」と話している。
 同社は2010年3月設立、資本金950万円。従業員数30人。