NEWS

  • 地域

ミャンマーに現地法人設立  富士ピー・エス    初の海外拠点


 プレストレストコンクリート(PC)工法を用いた土木、建築工事の株式会社富士ピー・エス(福岡市中央区薬院1丁目、菅野昇孝社長)は、9月にミャンマーに現地法人を設立し、11月27日営業を開始した。
 経済成長で住宅開発や鉄道、高速道路などインフラ整備事業の計画が進められている同国への参入を目指す。今後、現地企業の工事受注状況に合わせて、PC工法の指導や施工支援を実施していく。台湾、ベトナム、キルギスに続く、海外進出は4カ国目で、現地法人設立は初となる。
 社名は「Myanmar Fuji P.S Construction Company Limited」。本社は同国のヤンゴン市内北部の商業エリアのカマユ地区に設置。資本金は5万USドル。出資比率は99%が富士ピー・エスで、1%は現地法人の池内秀雄社長(富士ピー・エス執行役員)。人員2人を配置し、今後拡充していく。同社では「現段階での案件は決定していないが、ミャンマーは東南アジアの中でも経済成長が著しい国。同国の発展に当社の技術で貢献したい」と話している。