NEWS

    ママ向け在宅ビジネススクール事業開始 リトル・ママ


    ライターやWeb制作講座

    育児向けフリーペーパーを出版する㈱リトル・ママ(福岡市中央区警固2丁目、森光太郎社長)は5月10日、在宅ビジネススクール事業を開始した。
    育児中の母親の就労支援に繋げ、同社発行の誌面やWebサイト、企業のSNS投稿などの仕事を紹介する。オンライン講座で、同社社員が講師となり、事前に送った教材をもとに進めていく。ライター講座では、ライティングの基礎やSNSの特徴、スマートフォンを使用した写真の撮り方など。受講料は、初級編は2時間5回で3万2400円。全講座受講に加え、課題と適性試験合格で「リトル・ママライター」の資格を取得すると同社が仕事を紹介(費用はリトル・ママライター登録料が初回のみ3240円、仕事紹介希望者のみ年会費3240円)。働き方と収入目安は、初心者は取材記事(Web掲載)1本3000円~1万円、体験モニター記事1本1500円~5000円など。ベテランライターは情報誌タイアップ記事1本1万5000円~、企業・商品PR記事1本1万円~など。すでに同月16日~6月20日(全5回)で1期生の講座を実施し、今後はその2期生(定員20人)を9月5日から開講する(定員20人)。またWeb制作の講座(全5回)も9月3日から開講予定で、定員は15人。どちらも7月10日から募集開始。森社長は「専門性を必要とする記事制作が学べる中級編や講師登録も可能な上級編も開講していく」と話している。

    2019年7月9日発行