NEWS

  • 地域

マスク用抗菌スプレー発売  イージー九州    月間売上げ目標2000本


 光触媒を使用したコーティング剤販売の株式会社イージー九州(福岡市中央区荒戸3丁目、隈元伸一社長)は、11月1日、マスク用抗菌スプレーを発売した。
 商品名は「マスクにシュ!」。市販のマスクの表面に噴射し乾燥させることで、付着しているウイルスや菌を分解・無害化するもの。太陽光や室内光のエネルギーにより活性酸素を発生させ、菌を水と二酸化炭素に分解する。インフルエンザウイルスにも有効で病原体の活動を封じ、感染力を奪い取る働きがあるという。価格は1本1280円。学校や医療施設などを中心に、月間売上2000本を目標とする。隈元社長は「マスク以外にもドアノブやハンカチなどにも使用可能。インフルエンザ予防対策として光触媒の認知度を上げたい」と話している。