NEWS

  • 地域

マザーズハローワーク北九州を小倉駅北口に移転  福岡労働局    授乳室など新設


 福岡労働局(福岡市博多区博多駅東2丁目、久保村日出男局長)は、11月24日、マザーズハローワーク北九州(北九州市小倉北区魚町1丁目)を同区浅野3丁目に移転した。
 旧施設は近くに駐車場がなかったことなどからベビーカーなどで来所しにくかったため、利用者や北九州市などから移転要望が出ていたため移転したもの。場所は小倉駅北口のAIM(アジア太平洋インポートマート)ビル8階。同ビル3階には「北九州市立子育てふれあい交流プラザ」があり、移転で子育て支援に関する行政サービスのワンストップサービス化が可能になるという。同所では子育てと仕事の両立を希望する求職者、母子家庭の母親、父子家庭の父親などを対象に職員による職業紹介・就職相談・情報提供、就職支援セミナーなどを実施する。新たにパソコン教室を開けるセミナールームや授乳室を設置した。施設内には保育士がおり一時保育(6カ月~3歳児・予約制)が可能。子どもが遊ぶためのキッズコーナーも設置している。施設面積は432平方m。スタッフは12人。業務時間は平日の午前9時30分から午後6時まで。土曜日は午前10時から午後5時(年末年始は除く)。