NEWS

  • 地域

ホームウエディング新ブランドを販売  神奈川のアニヴェルセル    パーティ会場を改装


 AOKIグループで、ゲストハウスウエディングを展開するアニヴェルセル(神奈川県横浜市、中村宏明社長)は4月25日、福岡市西区小戸2丁目の同社結婚式場敷地内でホームウエディングの新ブランド「Annabel(アナベル)」の販売を始めた。
 同社はこれまで格式あるパーティスタイルを提案していたが、アットホームなパーティスタイルのブランドを立ち上げることで福岡・九州エリアの新規顧客を獲得するのが狙い。場所はマリナ通り沿い、西部水処理センター南隣。敷地面積は約1万2000平方m。新ブランドはチャペル(延べ床面積195平方m)、パーティ会場(同324平方m)の2棟で構成するプランとなっている。これに伴い、既存の3パーティ会場のうち、1会場を新ブランド用に改装しており、今年9月にオープン予定。同社では「アットホームなパーティスタイルをコンセプトにおき、チャペルセレモニーとガーデンセレモニーの選べる挙式スタイルとなっている。福岡エリアに低価格ウエディングが少ないことが福岡での展開の決め手となった」と話している。
 同社は1986年6月設立、資本金1億円、従業員数638人。