NEWS

  • 地域

ペット信託専門の社団法人を設立  行政書士かおる法務事務所    8月25日


 行政書士かおる法務事務所(福岡市東区和白丘2丁目)の服部薫代表は8月25日、ペット信託専門の社団法人を設立した。
 動物の飼い主の死後に新たな貰い手が見つからず、行き場を失い殺処分されるペットを救うため、信託法に基づいて考案された「ペット信託」という仕組みの普及を図るもの。本社は、東区和白丘2丁目にある立花高等学校の南側、行政書士かおる法務事務所内に併設。社団法人名は「一般社団法人ファミリーアニマル支援協会」、通称「FASA(ファサ)」。同事務所には服部代表が団体の代表理事として常駐し、九州地区のほか西日本の地域からの依頼を中心に引き受ける。同日に設立する東京支部(東京都渋谷区桜丘町27番地)で、東日本の地域からの案件を手掛ける。同支部には行政書士の資格を持つスタッフ1人を配属する。今後は、10月13日に法人設立の記念講演会を福岡市内で開催する予定。服部代表は「ペット信託を世の中に広め、国内で殺処分されるペットの数を減らしたい。将来的には、捨てられた動物を保護する施設の立ち上げも検討している」と話している。
 服部代表は熊本県出身。1982年10月23日生まれの31歳。東京青山ケンネルカレッジ福岡校動物看護学科卒。趣味は猫と遊ぶこと。