NEWS

  • 地域

ベストオール電化プラザを解散  ベスト電器    オール電化事業部に移管


 地場家電量販大手・株式会社ベスト電器(福岡市博多区千代6丁目、濱田孝社長)は、8月下旬をめどに同社連結孫会社・オール電化製品販売の株式会社ベストオール電化プラザ(福岡市東区箱崎ふ頭5丁目、堤郁夫社長)を解散した。清算終了は11月の予定。
 急速なオール電化市場の拡大に伴う全国的な需要の高まりを背景に、株式会社ベストオール電化プラザが蓄積してきた運営ノウハウを株式会社ベスト電器に集約することで、同事業を強化するもの。同社では今年3月、「オール電化事業部」を新設しており、解散後は同事業部に移管する。
 株式会社ベストオール電化プラザは、株式会社ベスト電器連結子会社で家電製品配送・設置、修理事業・株式会社ベストサービス(福岡市東区箱崎ふ頭5丁目、小野浩司社長)の子会社として2005年11月に設立。資本金は5000万円、09年2月期の売上高は28億4300万円。