NEWS

    ビットコイン決済の実証実験 Nayuta


    FGN内で1カ月間

    ブロックチェーン技術開発の㈱Nayuta(福岡市中央区舞鶴2丁目、栗元憲一社長)は5月30日から、ビットコイン決済技術を用いた実証実験を開始した。期間は6月30日までの1カ月間。
    ビットコインのブロックチェーン上に決済に特化した専用の層を設けて処理能力を高め、そこで決済することでリアルタイム決済や低手数料での取引が可能になるなどビットコインをより実用的にする技術であるライトニングネットワークを用いる。ビットコインのユーザーに実店舗で即時決済を体験してもらう。実験に使用されるのは福岡市中央区大名2丁目のスタートアップ支援施設フクオカグロースネクスト(FGN)内の飲食店「awabar fukuoka」。同社がノードとチャネルの管理や必要技術の提供、決済フロー導入支援などをする。同社は「ライトニングネットワークはリアルタイム決済、低手数料での取引、少額の支払いも可能になるなど新しいマーケットを切り開く可能性がある」と話している。

    2019年6月11日発行