NEWS

  • 地域

ビジコムとインバウンド対応に関する連携  北九州銀行など3行    免税システム機器導入支援で


 株式会社山口フィナンシャルグループ傘下行の株式会社北九州銀行(北九州市小倉北区堺町1丁目、藤田光博頭取)は8月23日、POSソリューション事業などの株式会社ビジコム(東京都文京区、中馬浩社長)とインバウンド対応支援に関するビジネスマッチング契約を結んだ。
 増加する外国人観光客への対応を検討する地場サービス業、小売業者などに対して、免税システム機器の導入を支援していくもので、ビジコム社が地銀と機器導入に関する提携を結ぶのは初。同行が消費税免税制度の導入を検討する取引先企業をビジコムに紹介し、同社が免税システム機器の提案を図る。また、グループ行である山口銀行、もみじ銀行も提携した。北九州銀行では「さらなる地域経済の活性化に寄与したい」と話している。