NEWS

  • 地域

ハローデイの複合商業施設をプロデュース  興永産業    周船寺駅前の区画整理事業地内で


 商業施設プロデュース、テナントリーシング の興永産業株式会社(福岡市南区大楠1丁目、林真木子社長)は、スーパーマーケット運営の株式会社ハローデイ(北九州市小倉南区、加治敬通社長)が来春、同市西区にオープンする複合商業施設の全体店舗企画、開発を進めている。
 店舗名は「ハローパーク周船寺」(同市西区大字千里)で、場所はJR周船寺駅前の区画整理事業用地内。同社はテナントリーシングから建物建設まで総合プロデュースを手掛ける。店舗面積は6675平方m、駐車台数328台。ハローデイのほかにドラッグストアの株式会社サンドラッグ(東京都)、株式会社ファーストリテイリング(同)のユニクロ、百円均一ショップの株式会社セリア(岐阜県)、飲食店ではカレーの亜橋や焼肉の笑家の出店が決まっている。
 また、隣接地には同じく同社がプロデュースするホームセンターの株式会社コメリ(新潟市清水)が出店する。店名は「コメリパワー周船寺店」で、店舗面積は8195平方m、駐車台数は185台。2011年3月に開業予定。
 同社は1999年1月設立、資本金2千万円、従業員数は17人。これまで福岡県内のヤマダ電機など商業施設のプロデュースやテナントリーシングを手掛けている。